転職サイトの中の人のここだけの話

転職サイト就活サイトの中の人のここだけの話

某転職サイトと就活サイトの「中の人」です。転職と就活の裏側を「忖度なく」ストレートに語ることで、「このサイトだけ見ていれば、誰もが挑戦的なキャリアを描ける」ことを目指しています。

丸紅は「30歳年収1,150万円、40歳年収1,650万円」 ~平均年収・年齢別推定年収・初任給・給与制度・ボーナス・福利厚生・転職成功のポイントまとめ

このブログの人気記事

丸紅年収

丸紅で年収1,000万円に到達できる確率

到達できる確率(予測)

到達時期

100%

2830

(当サイト独自調査結果を基に作成)

 

転職サイト/就活サイトの中の人 (@tennakanohito)です。今回は丸紅の年収事情についてまとめてみました。

まず結論から言うと、丸紅に入社すれば確実に年収1,000万円は達成できます。達成時期ですが、早ければ20代後半、遅くても30歳まで勤務すれば越えてきます。年功序列のため、若いうちは基本給に関しては、同期間でほぼ変わりません。給与に影響するのは、海外勤務や残業の頻度です。20代で海外勤務を経験している人や残業が多い人であれば、28歳くらいで1,000万円を越える可能性も十分にあります。

 

年収1,000万円をなんとしても達成したい人は、丸紅に入社する価値はあります。外資系企業を除くとここまで年収が高い企業はそうはありません。年齢や職種別の年収など、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

【執筆者】
転職サイト/就活サイトの中の人

某転職サイトと就活サイトの事業部長です。元コンサルタント。人材業界10年目で自分も4回転職。転職市場はブラックボックスが多い事に問題意識を感じ、本サイトにて「忖度なく」知っている事を話します。twitterフォロワーは合計5,000名超。
twitter:就活サイトの中の人
twitter:転職サイトの中の人

 

丸紅の平均年収・年収偏差値

 

平均年収

年収偏差値

丸紅(全職種)

1,452万円

114.6

丸紅(総合職)

推定1,500~1,800万円

117.9

丸紅(30歳時点)

推定1,000~1,300万円

93.5

丸紅(40歳時点)

推定1,500~1,800万円

128.4

(有価証券報告書、当サイト独自調査結果、年収偏差値チェッカーを基に作成)

 

丸紅の2019年度の有価証券報告書によると、平均年収は1,452万円/平均年齢42.1歳と記載されています。ただし、この数字は一般職も含めた金額です。当サイトの独自調査結果によると、総合職の平均年収は1,500~1,800万円程度となりました。

また、年齢別にみると、30歳時点での平均年収は推定1,000~1,300万円、40歳時点での平均年収は推定1,500~1,800万円程度と予測されます。30歳で1,000万円を突破するのはほぼ確実ですが、40歳で2,000万円を突破するかどうかは出世次第でしょう。

しかし、年収では日本トップクラスの水準を誇る企業であるといって差し支えないでしょう。当サイトの独自調査でも、給与に関して不満を漏らす社員の声はほぼ見受けられませんでした。むしろ、「仕事内容に対する報酬が高すぎて申し訳なく感じる」との声もあるほどでした。

 

参考:丸紅の年収偏差値チェッカー算定結果

丸紅年収偏差値

 

丸紅の役職・年齢別の推定年収

役職名(目安)

年齢(目安)

給与(推定)

係長

30歳〜

1,000万円~1,200万円

課長代理

35歳〜

1,300万円〜1,500万円

課長

41歳〜

1,600万円〜1,800万円

副部長

44歳〜

1,900万円〜2,200万円

部長

52歳〜

2,000万円〜2,500万円

(当サイト独自調査結果により作成)

丸紅年収推移

こちらが丸紅の年齢別・役職別の平均年収です。

特徴的なのは、入社8年目までと9年目以降はグレードが異なる昇進制度です。9年目以降は管理職扱いとなり、基本給が大きく上がりますが、残業代が出なくなります。残業代の分、昇進前のほうが給与が高かったという事態が起こり得る可能性もあります。また、若手のうちは横並び評価ですが、管理職扱いになると、能力も査定の項目の一つに加えられます。そのため、同期間でも能力の高低によって、給与・昇格面で違いが出てきます。このように、個人の能力によって年収に差が出るのは30代になってからです。

 

管理職になると、給与の構成は基本給とボーナスのみです。そしてボーナスは業績連動制のため、全度の会社業績が良ければボーナスの額もアップする仕組みです。一方、基本給はグレードとバンドによって定められます。評価はコンピテンシーで行われるため、評価次第では早々に出世する人もいれば、なかなか昇格できない人もいます。ただし、グレードとバンドの数はそこまで多くないため、給与額に対するインパクトはそこまでありません。評価は上司の好みによる属人的評価だとの声が挙がっています。

 

入社初年度の年収は他の企業と大差ない額ですが、若いうちは毎年100万円程度上昇していきます。30歳に到達する頃には、仕事ができない人でも誰でも年収1,000万円をもらえます。ただし、30代以降では20代に比べ、年収の上がり幅が緩やかになります。部長まで上りつめなければ、年収2,000万に到達するのは難しいでしょう。若手のうちからかなりの高給与が期待できる企業ですが、反面、年功序列で若いうちは個人の頑張りが反映されない評価体制に嫌気が差した若手社員の退職が相次いでいます。

丸紅の主な福利厚生

丸紅には色々と手厚い制度がありますが、特に特徴的なのは「海外勤務手当と「高額のボーナスです。

 

海外勤務手当

丸紅に限った話ではありませんが、総合商社において年収に大きく影響を与えるのは、海外勤務手当です。どこの総合商社も海外勤務手当の額は高く、海外勤務年数が多いか少ないかによって、生涯年収は大きく変わってきます。丸紅の場合、国内勤務に比べ、平均して1.3~1.5倍の年収が期待できます。例えば、新卒4年目800万円程度の年収でも、海外配属となれば単純計算すると1,040万~1,200万円程度もらえます。このように、海外勤務を経験すれば20代後半で残業代が無くとも、1,000万円を達成できるのです。

手当の金額は地域・国によって異なり、危険度が高い=手当が高い地域では国内勤務の2倍の年収も達成可能です。また、海外勤務の場合、家賃もほぼ会社負担です。

 

一方、国内では家賃手当がないので他の商社に比べると福利厚生が充実していないとの声もあります。ただもちろん、社員寮や交通費支給といった基本的な福利厚生は存在します。

 

高額のボーナス

丸紅の年収額はボーナスによって決まるといっても過言ではありません。年収に対するボーナスが占める割合がとても高く、具体的には年収の概ね30~50%程度です。つまり、年収1,000万円の人であれば、300万~500万円がボーナスの金額なのです。

ボーナスは業績連動なので、会社の業績が個人の年収にも大きな影響を与えます。業績が好調なら高年収が期待できますが、逆に会社が多額の減損を出してしまうと、年収額が100万円単位で減ることもあります。ただし、近年は業績好調なので、多額のボーナスが期待できます。ボーナスの回数は、年2回です。

 

丸紅の初任給

月収

年収

25.5万円

500~600万円

※上記は大卒入社の場合です。

 

丸紅の採用HPによると、学部卒総合職の初任給は25.5万円と記載されています。25.5×12=306万円ですが、加えて残業代が年100万円、ボーナスが年100万円程度もらえるそうです。合計すると500~600万円程度の年収だと予測されます。基本給は変わらないので、若手のうちは残業代が多いか少ないかという点が、年収の変動要因です。

 

ちなみに、サラリーマン全体の平均年収は約440万円程度なので、丸紅に入社すれば1年目に、サラリーマンの平均年収を越えることになります。

 

丸紅に転職するには?

結論から言うと、下記の2つが有効でしょう。

  1.  キャリアインキュベーションの阿部哲也さんのような総合商社に強い「業界特化型転職エージェント」に相談し、選考対策を徹底的にした上で挑む。
  2. ビズリーチキャリアカーバーに登録し、丸紅からの面接確約スカウトを待つ

 なぜなら丸紅のような総合商社の中途採用は選考倍率100~150倍、書類選考だけでも10倍程度の倍率になります。そのため、普通の転職エージェント経由で無対策で挑んでもかなり厳しい戦いになります。

キャリアインキュベーションで特におすすめなのは、阿部哲也さんというキャリアコンサルタントです。彼は総合商社対策では日本一の実績を持っており、ある総合商社では内定者の40%が阿部さん経由だったというほど圧倒的な実績を持っています。

阿部さんに担当してもらいたい場合は、キャリアインキュベーションのHP経由ではなく、キャリアカーバー ビズリーチで担当してもらいたいキャリアコンサルタントのページからバイネームで相談申し込みをするとよいでしょう(もしくはキャリアカーバー ビズリーチで阿部さんからのスカウトの場合のみ返信する)。そうすれば他の担当ではなく阿部さんが必ず担当してくれるはずです。

またビズリーチキャリアカーバー経由で丸紅から直接スカウトされ、書類選考免除になるチャンスを狙うことも有効です。ビズリーチは総合商社各社が積極的に利用しています。中の人も過去に三菱商事と三井物産からスカウトを受けたことがあります。

 

こちらの記事で私の転職経験談や丸紅に転職する上でオススメの転職サイト・転職エージェントを詳しく紹介していますので、宜しければ御覧ください。

dannu.hatenablog.com

 

他のトップ企業/有名企業の平均年収

「年収1,000万円/2,000万円狙える会社の条件」「日本のトップ企業/有名企業や各業界の平均年収」については過去にこちらの記事でまとめました。興味がある方はこちらの記事も参考にしてください。

◆総合商社

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆戦略コンサルティングファーム

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆総合コンサルティングファーム

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆シンクタンクファーム

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆デベロッパー

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆広告代理店

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆証券・銀行

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆保険

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆外資系

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆インターネット・通信・情報

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆メーカー他

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

 

業界別平均年収、年収1,000万円/2,000万円狙える会社の条件

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com