転職サイトの中の人のここだけの話

転職サイト就活サイトの中の人のここだけの話

某転職サイトと就活サイトの「中の人」です。転職と就活の裏側を忖度なくストレートに語るサイトです。

アクセンチュアは「30歳年収1,100万円、40歳年収1,600万円」 ~平均年収・年齢別推定年収・初任給・給与制度・ボーナス・福利厚生・転職成功のポイントまとめ

このブログの人気記事

f:id:dannu:20200804004452p:plain

 

アクセンチュアで年収1,000万円に到達できる確率

到達できる確率(予測)

到達時期

70%

2530

 (当サイト独自調査結果を基に作成)

 

転職サイト/就活サイトの中の人 (@tennakanohito)です。今回はアクセンチュアの年収事情についてまとめてみました。

 

まず結論から言うと、アクセンチュアは年齢に関係なく実力主義で年収が決まるため、順調に生き残ることができれば30歳までに年収1,000万円を超えるでしょう。 

最短では25歳でマネージャー職に就き1,000万円を超えることができます。早ければ30歳でシニアマネージャーに昇進できるでしょう。シニアマネージャーにあがると、年収は1,500~1,700万円程度になります。

20代で年収1,000万円を達成したい、また年功序列でなく実力主義で若い内にキャリアを築きたい方は、アクセンチュアへの入社を本気で検討するとよいと思います。今日はアクセンチュアの年収事情について詳しく解説します。

なおアクセンチュアに転職するときは、リクルートやDODAのような大手エージェントは実はコンサルの選考対策ノウハウがないためあまりオススメではありません。中の人としてはアクシスコンサルティング コンコードのような「外資系コンサルの選考に強い転職エージェント」経由で受けることを強く推奨します。エージェントを介さず直接受ける場合でも、せめてビズリーチキャリアカーバーでスカウトを受け、書類選考免除になってから受けたほうがよいでしょう。

 

【執筆者】
転職サイト/就活サイトの中の人

某転職サイトと就活サイトの事業部長です。元コンサルタント。人材業界10年目で自分も4回転職。転職市場はブラックボックスが多い事に問題意識を感じ、本サイトにて「忖度なく」知っている事を話します。twitterフォロワーは合計5,000名超。
twitter:就活サイトの中の人
twitter:転職サイトの中の人

アクセンチュアの平均年収・年収偏差値

 

平均年収

年収偏差値

アクセンチュア(ビジネスコンサルティング職)

推定1,100~1,300万円

126.9

アクセンチュア(30歳時点)

推定1,000~1,200万円

126.9

アクセンチュア(40歳時点)

推定1,500~1,700万円

154.5

(有価証券報告書、当サイト独自調査結果、年収偏差値チェッカーを基に作成)

 

当サイトによる独自調査結果では、アクセンチュア(ビジネスコンサルティング職)の平均年収は推定1,100~1,300万円程度と予測されます。

また年齢別に年収を見ると、30歳時点の平均年収は推定1,000~1,200万円、40歳時点の平均年収は推定1,500~1,700万円程度と予測され、30歳前後で年収1,000万円に到達し、40歳前後で年収1,500万円に到達します。

加えてアクセンチュアは福利厚生(残業代、住宅補助費、退職金など)が充実していることからも、他の外資系企業と比較しても同等以上の待遇を得ていると言っていいでしょう。

 

参考:アクセンチュアの年収偏差値チェッカー算定結果

f:id:dannu:20200804003808p:plain

 

アクセンチュアの役職・年齢別の推定年収

役職名(目安)

入社年次(目安)

給与(推定)

マネージングディレクター

13年目~実力次第

2,000万円~

シニアマネージャー

9年目~15年目

1,300万円〜1,700万円

マネージャー

6年目~9年目

1,000万円〜1,200万円

コンサルタント

3年目~6年目

700万円〜900万円

アナリスト

1年目~3年目

430万円〜600万円

(当サイト独自調査結果により作成)

 

こちらがアクセンチュアの年齢別・役職別の推定年収です。なお、アクセンチュアは実力主義により年収が決まるので、年齢ではなく入社年次を目安に推定年収を算出しました(グラフは22歳で新卒入社した場合のグラフです。)。

 

基本給はキャリアレベルによって決められています。ビジネスコンサルタントの場合は、新卒入社の場合は年俸430万がベースで残業代が支払われます。

人事評価は毎年12月に年俸が見直されます。クラス(職位)が変動すれば大きく年俸が上がることが特徴です。通常では3年目~6年目にコンサルタントに昇格します。昇格すると大体年収は700~900万円程度になります。そして6~9年目にマネージャーに昇格します。マネージャーになると年収1,000万円が見えてきます。つまり20代の間にマネージャーになれると、年収1,000万円を達成できるという訳です。

シニアマネージャーになると年収1,300~1,700万円になります。そしてマネージングディレクターまで昇格すると年収2,000万円の大台に到達します。目安としては最短でも35歳程度、一般的には40,50代にようやく到達するでしょうか。

 

但し外資系ということもあり完全な成果主義なので、長く在籍したら年収があがるわけではありません。マネージャー・シニアマネージャーまではスピードの差はありながら比較的上がれる社員が多くいますが、マネージングディレクターになれる方はごく一部です。



アクセンチュアの主な福利厚生

 

アクセンチュアには色々と手厚い制度がありますが、特に特徴的なのは確定拠出年金制度(401k)長期収入所得補償(LTD)です。

 

拠出年金制度(401k)

アクセンチュアでは毎年社員の給与の5%を退職金として拠出しています。例えば年俸が1,000万円の場合は受け取れる退職金は毎年50万円となり、10年続けると500万円を受けることができます。

長期収入所得補償(LTD)

病気や怪我を長期間してしまった場合の補償として、アクセンチュアでは最大で5年間まで年収の約60%を受け取ることができます。激務と隣り合わせのコンサルタントの仕事の中で万が一のことがあっても、ある程度安心できます。

 

アクセンチュアの初任給

月収

年収

36万円

453~496万円

※上記は大卒入社の場合です。

 

アクセンチュアの初任給は36万円と一般企業の初任給と比べても高めに設定されています。アクセンチュアは年俸制ですが業績連動賞与が年収の5%~15%程度と若干あります。合計すると総年収は36万円×12か月×105~115%となり、453~496万円と一般企業と比較してやや高めの年収設定となっています。

 

アクセンチュアに転職するには?

 結論から言うと、下記の2つが有効でしょう。

  1. アクシスコンサルティング コンコードに代表される、コンサル特有の選考である"ケース面接"の対策ができる「コンサル業界特化型転職エージェント」に相談し、選考対策を徹底的にした上で挑むのがセオリーです。
  2. 直接受ける場合でも、まずはビズリーチキャリアカーバーで登録し、アクセンチュアからのスカウトされてから受けましょう(※なぜならスカウト経由だとアクセンチュアは書類選考免除になります。中の人も過去にアクセンチュアからビズリーチで何度もスカウトを受けています。)

アクセンチュアをはじめとする大手外資系コンサルは、近年では年間数百人単位で中途採用をするようになり、昔より易化しました。中途では学歴より実力を重視しているため、日東駒専・大東亜帝国レベルの大学出身者でも今なら職歴次第で内定が出ています。とはいえ"ケース面接"に代表されるような特殊な選考を行うこともあり、選考倍率は高めです。

そのため日本で外資系コンサルを受けるときは、総合コンサルの転職決定実績では国内トップのアクシスコンサルティング やコンサル全般の選考に強いコンコードのような「外資系コンサルの選考に強い転職エージェント」経由で受けることがセオリーです。

一方で実はリクルートやDODAのような大手エージェントはコンサルティングファームの選考対策ノウハウは全く持っていません。だから知名度だけで大手エージェント経由で受けると後悔することになるでしょう。

また直接受けるにしても、せめてビズリーチキャリアカーバーでスカウトを受け、書類選考免除になってから受けたほうがよいでしょう。なぜならアクセンチュアはビズリーチキャリアカーバーで毎月スカウトを積極的に行っているからです。

 

詳しくは下記の記事でコンサルティング業界の選考に強いエージェントを紹介しているので、宜しければ御覧ください。

dannu.hatenablog.com

 

他のトップ企業/有名企業の平均年収

「年収1,000万円/2,000万円狙える会社の条件」「日本のトップ企業/有名企業や各業界の平均年収」については過去にこちらの記事でまとめました。興味がある方はこちらの記事も参考にしてください。

◆総合商社

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆コンサルティングファーム

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆シンクタンクファーム

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆デベロッパー

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆広告代理店

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆証券・銀行

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆保険

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆外資系

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆インターネット・通信・情報

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

◆メーカー他

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

 

業界別平均年収、年収1,000万円/2,000万円狙える会社の条件

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com