転職サイトの中の人のここだけの話

転職サイト就活サイトの中の人のここだけの話

某転職サイトと就活サイトの「中の人」です。転職と就活の裏側を忖度なくストレートに語るサイトです。

不動産業界上場138社平均年収ランキング~1位はヒューリック年収1530万円、2位は日本商業開発年収1500万円

このブログの人気記事

不動産業界年収ランキング

転職サイト/就活サイトの中の人 (@tennakanohito)です。今回は不動産業界の平均年収と年収ランキングをまとめました。

同じ不動産業界でも事業内容によって年収に差が大きく生じます。今回はランキングと共にその傾向を簡単にまとめました。

データソースは上場している不動産業界138社の有価証券報告書です(企業価値検索サービス Ullet(ユーレット)を使用)。有価証券報告書で公開されている各社の2019年度or2020年度の各社平均年収を基にしています。

 

 

不動産業界の平均年収

まずは不動産界の全体平均(※)です。下記のようになりました

分類(東証の業種区分に準ずる)

平均年収

平均年齢

不動産業界全体

662万円

38.6歳

(参考)上場企業3,774社全体

614万円

40.8歳

 

【コメント】

  • 不動産業界全体では平均662万円と、上場企業全体の平均と比較しても高い結果となりました。
  • 平均年齢も上場企業全体平均より低く、平均年収は他業界と比較しても高水準です。

 

※注:138社のうち3社は該当数字がないため、算出時に除外しております。

 

 不動産業界の年収ランキング上位10社

続けて、年収ランキングTOP10です。

順位

社名

業種

平均年収

1位

ヒューリック

不動産業

1530万円

2位

日本商業開発

不動産業

1500万円

3位

三井不動産

不動産業

1263万円

4位

三菱地所

不動産業

1247万円

5位

東急不動産ホールディングス

不動産業

1113万円

6位

ランドビジネス

不動産業

1099万円

7位

野村不動産ホールディングス

不動産業

1022万円

8位

平和不動産

不動産業

978万円

9位

東京建物

不動産業

958万円

10位

ダイビル

不動産業

952万円

 

【コメント】 

  • トップ10のうち年収1000万円を超えた企業は、7社もありました。
  • 1位と2位は大差なく、1500万円を超えています。
  • トップ10に不動産業界で御三家といえる財閥系3社のうち2社三井不動産、三菱地所が入っています。
  • 1位のヒューリックは御三家ではありませんが、原点は旧富士銀行(現・みずほ銀行)の銀行店舗ビル管理であり、オフィス賃貸の他に観光ビジネス、高齢者ビジネス、環境ビジネスなど展開しています。
  • 2位の日本商業開発も御三家ではありませんが、2000年に設立し、不動産業界では、新興企業として独自のビジネスモデルで急成長しています。このようにトップ10は比較的有名な企業が多いですが、新興企業も少なくないことがわかります。
  • トップ10の企業は、いずれも900万円以上の年収で財閥系の御三家やホールディングスなど規模の大きい会社が多数を占めています。そして事業内容の特徴としては、土地売買や不動産投資、オフィス賃貸などBtoBで高単価のビジネスを取り組んでいる企業が多いようです。



不動産業界の年収ランキング11位~30位

続けて、年収ランキング11位~30位です。

順位

社名

業種

平均年収

11位

いちご

不動産業

938万円

12位

ロードスターキャピタル

不動産業

933万円

13位

リーガル不動産

不動産業

933万円

14位

プレサンスコーポレーション

不動産業

908万円

15位

霞ヶ関キャピタル

不動産業

891万円

16位

レーサム

不動産業

882万円

17位

アーバネットコーポレーション

不動産業

877万円

18位

京阪神ビルディング

不動産業

866万円

19位

エスリード

不動産業

864万円

20位

プロパスト

不動産業

858万円

21位

プロパティエージェント

不動産業

858万円

22位

グローム・ホールディングス

不動産業

851万円

23位

エスポア

不動産業

827万円

24位

青山財産ネットワークス

不動産業

821万円

25位

グローバル・リンク・マネジメント

不動産業

819万円

26位

サムティ

不動産業

817万円

27位

エフ・ジェー・ネクスト

不動産業

816万円

28位

ファーストブラザーズ

不動産業

807万円

29位

ディア・ライフ

不動産業

800万円

30位

飯田グループホールディングス

不動産業

787万円

 

【コメント】

  • トップ30は1社787万円を除き全て平均年収800万円以上でした。
  • トップ30の上位4社は年収900万円以上で、年収1000万円も高確率で目指せるでしょう。
  • トップ30も下位の方になってくると、戸建て・マンション分譲事業や、請負工事等BtoC(コンシューマー向け)事業を主軸にしている企業が出てきていました。
  • トップ30は、不動産が主軸収益でない、規模が小さい、少額金額の取り扱いが多いなど様々な業態の企業がでてきていますね。

 

不動産業界の年収ランキング31位~138位 

31位以下の結果はこのようになりました。

順位

社名

業種

平均年収

31位

ランド

不動産業

782万円

32位

トーセイ

不動産業

775万円

33位

エー・ディー・ワークス

不動産業

751万円

34位

東京楽天地

不動産業

744万円

35位

サンセイランディック

不動産業

742万円

36位

ユニゾホールディングス

不動産業

741万円

37位

フォーライフ

不動産業

737万円

38位

ムゲンエステート

不動産業

734万円

39位

アルデプロ

不動産業

734万円

40位

セントラル総合開発

不動産業

732万円

41位

シノケングループ

不動産業

729万円

42位

コスモスイニシア

不動産業

728万円

43位

テーオーシー

不動産業

721万円

44位

新日本建物

不動産業

715万円

45位

空港施設

不動産業

704万円

46位

RISE

不動産業

699万円

47位

和田興産

不動産業

699万円

48位

THEグローバル社

不動産業

695万円

49位

イントランス

不動産業

688万円

50位

ビーロット

不動産業

686万円

51位

日本空港ビルデング

不動産業

683万円

52位

GA technologies

不動産業

682万円

53位

パーク二四

不動産業

671万円

54位

インテリックス

不動産業

671万円

55位

リベレステ

不動産業

667万円

56位

イオンモール

不動産業

666万円

57位

プロスペクト

不動産業

661万円

58位

住友不動産

不動産業

661万円

59位

タカラレーベン

不動産業

661万円

60位

サンウッド

不動産業

661万円

61位

アスコット

不動産業

658万円

62位

三重交通グループホールディングス

不動産業

655万円

63位

サンフロンティア不動産

不動産業

655万円

64位

明和地所

不動産業

654万円

65位

フージャースホールディングス

不動産業

644万円

66位

デュアルタップ

不動産業

642万円

67位

オープンハウス

不動産業

641万円

68位

アグレ都市デザイン

不動産業

640万円

69位

テンポイノベーション

不動産業

637万円

70位

エリアリンク

不動産業

637万円

71位

日本エスコン

不動産業

628万円

72位

ウェルス・マネジメント

不動産業

624万円

73位

センチュリー21・ジャパン

不動産業

611万円

74位

シーアールイー

不動産業

603万円

75位

エムティジェネックス

不動産業

601万円

76位

ウッドフレンズ

不動産業

599万円

77位

ゴールドクレスト

不動産業

598万円

78位

コーセーアールイー

不動産業

592万円

79位

フェイスネットワーク

不動産業

584万円

80位

ハウスフリーダム

不動産業

584万円

81位

マリオン

不動産業

583万円

82位

ラ・アトレ

不動産業

578万円

83位

スターツコーポレーション

不動産業

575万円

84位

穴吹興産

不動産業

567万円

85位

ウィル

不動産業

567万円

86位

AVANTIA

不動産業

561万円

87位

レオパレス21

不動産業

557万円

88位

アズマハウス

不動産業

555万円

89位

APAMAN

不動産業

555万円

90位

フジ住宅

不動産業

554万円

91位

毎日コムネット

不動産業

553万円

92位

ストライダーズ

不動産業

546万円

93位

パラカ

不動産業

546万円

94位

香陵住販

不動産業

538万円

95位

日神グループホールディングス

不動産業

536万円

96位

グッドコムアセット

不動産業

533万円

97位

ヨシコン

不動産業

529万円

98位

エムジーホーム

不動産業

525万円

99位

明豊エンタープライズ

不動産業

521万円

100位

アズ企画設計

不動産業

519万円

101位

誠建設工業

不動産業

519万円

102位

パルマ

不動産業

517万円

103位

グランディハウス

不動産業

517万円

104位

イーグランド

不動産業

515万円

105位

大英産業

不動産業

501万円

106位

日本社宅サービス

不動産業

498万円

107位

ハウスドゥ

不動産業

491万円

108位

ケイアイスター不動産

不動産業

491万円

109位

トラストホールディングス

不動産業

490万円

110位

日本管理センター

不動産業

487万円

111位

ハウスコム

不動産業

487万円

112位

日本グランデ

不動産業

486万円

113位

日住サービス

不動産業

486万円

114位

ジェイ・エス・ビー

不動産業

483万円

115位

ツクルバ

不動産業

474万円

116位

三栄建築設計

不動産業

473万円

117位

ファースト住建

不動産業

470万円

118位

東武住販

不動産業

469万円

119位

JALCOホールディングス

不動産業

462万円

120位

エストラスト

不動産業

455万円

121位

ビジネス・ワンホールディングス

不動産業

450万円

122位

ASIAN STAR

不動産業

448万円

123位

グランディーズ

不動産業

444万円

124位

アールエイジ

不動産業

440万円

125位

G-FACTORY

不動産業

438万円

126位

カチタス

不動産業

436万円

127位

AMBITION

不動産業

432万円

128位

日本アセットマーケティング

不動産業

430万円

129位

エリアクエスト

不動産業

420万円

130位

アズーム

不動産業

408万円

131位

REVOLUTION

不動産業

404万円

132位

ティーケーピー

不動産業

404万円

133位

グッドライフカンパニー

不動産業

377万円

134位

日本駐車場開発

不動産業

343万円

135位

ファンドクリエーショングループ

不動産業

322万円

136位

スター・マイカ・ホールディングス

不動産業

該当なし

137位

SREホールディングス

不動産業

該当なし

138位

ランディックス

不動産業

該当なし

 

【コメント】

  • 同じ上場企業でも、平均年収300万円台から700万円台と大きな開きが出ました。
  • 御三家である住友不動産が58位となり、他の御三家2社と年収が約600万円ほどの差が出ました。
  • 最下位の方では、個人向け賃貸、個人向けの中古物件の売買、貸会議室や駐車場など賃貸業、リフォーム業など、上位の企業と比較すると顧客単価が低い事業を展開しているところが多いという傾向がありました。
  • また、不動産業界でも年収が下層の300万円台~500万円の企業が多くあり、これらの企業では年収1000万円を目指すことはまず難しいことが分かります。

 

不動産業界で年収1000万円以上を狙うには

不動産業界で年収1000万円以上を狙うこと、企業選定をきちんとすれば十分可能です。なぜなら、平均年収1000万円を超える企業は7社あり、業界全体の平均年収662万円と平均年収は上場企業全体平均よりも若干高い特徴があるからです。

具体的に言うと、同じ不動産業界でもBtoBの高単価の事業を展開している企業に入社した方が年収1000万に届く確率は高まるでしょう。企業規模や歴史と年収の相関性はそこまで高くないため、業態が重要です。

例えば、トップ1位のヒューリックは、中途採用組も多く、厚遇と福利厚生面で働きやすい職場環境づくりにも熱心です。このような企業への転身を狙いましょう。

一方で、個人向けの賃貸事業のようなBtoCの低単価の事業を展開している企業では、平均年収が300~400万円台という企業も少なくありません。このような企業では年収1,000万円は厳しいと思われます。事業内容によっては同じ不動産業界でも大きく年収を左右するため、年収が低い企業を選択すると、一気に年収1000万円プレーヤーを目指すことは難しくなります。

 

ちなみに中の人は25歳年収300万円から4回の転職を重ねた結果、30代半ばで年収1,300万円を得ることができました。

自分で4回の転職をして分かったのですが、自分にとって有効な転職サービスは自分の年収・キャリアによって下記のように違います。

 

現在の年収

使うべき転職サービス

年収400万以下 

〇:リクナビNEXT dodaのような「通常の転職サイト」を使うべき。

×:リクルートエージェントのような「転職エージェント」はまだはやい。

年収400~600万

〇:リクルートエージェント JACリクルートメントマイナビエージェントのような「総合型転職エージェント」を使うべき。

×:リクナビNEXTのような「通常の転職サイト」は段々合わなくなってくる。

年収600~800万        

〇:エージェントはコンサルならコンコード、金融ならコトラのような「業界特化型転職エージェント」を利用すべき。

〇:この時期からビズリーチLinkedInキャリアカーバーのような「ハイクラス層向け転職サイト」も併用すべき。

×:リクルートエージェントやdodaのような「総合型転職エージェント」はもう卒業。

年収800~1,000万以上

〇:同じく「業界特化型転職エージェント」と「ハイクラス層向け転職サイト」を併用すべきだが、年収600~800万の時以上に、ビズリーチLinkedInキャリアカーバーのような「ハイクラス層向け転職サイト」をより積極的に利用すべき。

 

こちらの記事で、私が25歳年収300万円から30代半ばで年収1,300万円を得た経験談を解説していますので、宜しければ御覧ください。

dannu.hatenablog.com

 

他にも、「年収1,000万円/2,000万円狙える会社の条件」「業界毎の年収の違い」、「業界別年収ランキング」について、過去に下記の記事で分析・考察しました。興味がある方は是非こちらもお読みください。

 

<年収1,000万円/年収2,000万円を狙える会社の条件について>

dannu.hatenablog.com

 

<業界・大学毎の年収の違いについて>

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

 

<業界別年収ランキング>

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

 

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com