転職サイトの中の人のここだけの話

転職サイト就活サイトの中の人のここだけの話

某転職サイトと新卒就活サイトの「中の人」です。就職市場・転職市場には「ブラックボックス」や「嘘」が多いことに問題意識を感じています。当サイトは転職市場の裏側の仕組みを「忖度なく」ストレートに語ることで、本質的に有効な就活戦略・キャリア戦略を描くヒントを提供します。

陸運・海運・空運・倉庫・運輸関連業界上場122社平均年収ランキング~1位は商船三井年収985万円、2位は東京汽船年収980万円

このブログの人気記事

コロナで需要拡大!?【物流業界】とは?就職活動で使える「仕事内容 ...

今回は陸運業界、海運業界、空運業界、倉庫・運輸関連業界の平均年収と年収ランキングをまとめました。

同じ業界でも事業内容や規模が多岐にわたり、年収に大きな差があります。そこで今回はランキングと共にその傾向を簡単にまとめました。

データソースは上場している陸運業、海運業、空運業、倉庫・運輸関連業界122社の有価証券報告書です(企業価値検索サービス Ullet(ユーレット)を使用)。有価証券報告書で公開されている各社の2019年度or2020年度の各社平均年収を基にしています。

 

 

陸運・海運・空運・倉庫・運輸業界の平均年収

まずは陸運・海運・空運・倉庫・運輸業界の全体平均(※)です。下記のようになりました

分類(東証の業種区分に準ずる)

平均年収

平均年齢

陸運・海運・空運・倉庫・運輸業界全体

633万円

41.7歳

(参考)上場企業3,774社全体

614万円

38歳

 

【コメント】

  • 陸運・海運・空運・倉庫・運輸業界全体では平均633万円と、上場企業全体の平均と比較して高い結果となりました。
  • 平均年齢は上場企業全体平均より高く、平均年収は他業界と比較しても高水準です。



陸運・海運・空運・倉庫・運輸業界の年収ランキング上位10社

続けて、年収ランキングTOP10です。

 

順位

社名

業種

平均年収

1位

商船三井

海運業

985万円

2位

東京汽船

倉庫・運輸関連業

980万円

3位

日本郵船

海運業

958万円

4位

共栄タンカー

海運業

957万円

5位

ヤマトホールディングス

陸運業

956万円

6位

飯野海運

海運業

936万円

7位

相鉄ホールディングス

陸運業

900万円

8位

NSユナイテッド海運

海運業

877万円

9位

阪急阪神ホールディングス

陸運業

876万円

10位

ANAホールディングス

空運業

832万円

 

【コメント】 

  • トップ10の全企業は、800万円台~900万円台と年収に大差はなく、平均年収1000万円を超える企業はありませんでした。
  • 平均年収900万円以上の企業は海運業が多く、具体的にはエネルギーやインフラ、建築向けの物流を扱う企業が多いようです。
  • 平均年収900万円以上の企業は海運業以外には、ヤマトホールディングスや相鉄ホールディングスなど大手陸運業がランクインしていました。
  • また平均年収800万円以上になると、空運業のANAホールディングスがランクインしていました。
  • 以上のようにトップ10の企業は、年収1000万円以上を超える企業はありませんが、海運業が比較的年収が高く、どこも日本のインフラを支える大手運輸業が多くランクインしています。

 

陸運・海運・空運・倉庫・運輸業界の年収ランキング11位~30位

続けて、年収ランキング11位~30位です。

 

順位

社名

業種

平均年収

11位

川崎汽船

海運業

831万円

12位

日本航空

空運業

826万円

13位

乾汽船

海運業

825万円

14位

京阪ホールディングス

陸運業

816万円

15位

西武ホールディングス

陸運業

814万円

16位

三菱倉庫

倉庫・運輸関連業

809万円

17位

日立物流

陸運業

806万円

18位

近鉄グループホールディングス

陸運業

803万円

19位

東海汽船

海運業

796万円

20位

伊勢湾海運

倉庫・運輸関連業

780万円

21位

小田急電鉄

陸運業

763万円

22位

近鉄エクスプレス

倉庫・運輸関連業

762万円

23位

住友倉庫

倉庫・運輸関連業

758万円

24位

三井倉庫ホールディングス

倉庫・運輸関連業

750万円

25位

安田倉庫

倉庫・運輸関連業

750万円

26位

宇徳

倉庫・運輸関連業

748万円

27位

京成電鉄

陸運業

741万円

28位

東急

陸運業

737万円

29位

川崎近海汽船

海運業

737万円

30位

東海旅客鉄道

陸運業

734万円

 

【コメント】

  • トップ30は全て平均年収700万円以上でした。これらの企業であれば平均年収1000万円を目指すことは可能でしょう。
  • 16位にはじめて倉庫事業を主にしている三菱倉庫が入りました。倉庫事業を主にしている企業で800万円以上は三菱倉庫のみとなります。
  • またトップ30には大手鉄道会社各社が多くランクインしていました。

 

陸運・海運・空運・倉庫・運輸業界の年収ランキング31位~122位 

31位以下の結果はこのようになりました。

 

順位

社名

業種

平均年収

31位

玉井商船

海運業

730万円

32位

セイノーホールディングス

陸運業

721万円

33位

東洋埠頭

倉庫・運輸関連業

716万円

34位

東日本旅客鉄道

陸運業

715万円

35位

京王電鉄

陸運業

712万円

36位

東武鉄道

陸運業

712万円

37位

名港海運

倉庫・運輸関連業

703万円

38位

栗林商船

海運業

699万円

39位

センコーグループホールディングス

陸運業

696万円

40位

京浜急行電鉄

陸運業

695万円

41位

日本トランスシティ

倉庫・運輸関連業

691万円

42位

新京成電鉄

陸運業

687万円

43位

澁澤倉庫

倉庫・運輸関連業

686万円

44位

SGホールディングス

陸運業

683万円

45位

SBSホールディングス

陸運業

683万円

46位

明治海運

海運業

682万円

47位

西日本旅客鉄道

陸運業

669万円

48位

日新

倉庫・運輸関連業

662万円

49位

アジア航測

空運業

655万円

50位

櫻島埠頭

倉庫・運輸関連業

653万円

51位

丸運

陸運業

649万円

52位

ニッコンホールディングス

陸運業

645万円

53位

パスコ

空運業

642万円

54位

丸八倉庫

倉庫・運輸関連業

636万円

55位

アルプス物流

陸運業

633万円

56位

杉村倉庫

倉庫・運輸関連業

630万円

57位

カンダホールディングス

陸運業

629万円

58位

東海運

倉庫・運輸関連業

620万円

59位

丸全昭和運輸

陸運業

617万円

60位

日本石油輸送

陸運業

616万円

61位

ロジネットジャパン

陸運業

612万円

62位

日本通運

陸運業

609万円

63位

南海電気鉄道

陸運業

609万円

64位

名古屋鉄道

陸運業

604万円

65位

スターフライヤー

空運業

600万円

66位

ケイヒン

倉庫・運輸関連業

599万円

67位

サンリツ

倉庫・運輸関連業

595万円

68位

エージーピー

倉庫・運輸関連業

594万円

69位

山九

陸運業

591万円

70位

アサガミ

倉庫・運輸関連業

591万円

71位

大東港運

倉庫・運輸関連業

590万円

72位

日本コンセプト

倉庫・運輸関連業

579万円

73位

上組

倉庫・運輸関連業

575万円

74位

富士急行

陸運業

574万円

75位

西日本鉄道

陸運業

567万円

76位

内外トランスライン

倉庫・運輸関連業

567万円

77位

山陽電気鉄道

陸運業

566万円

78位

東陽倉庫

倉庫・運輸関連業

563万円

79位

京極運輸商事

陸運業

558万円

80位

兵機海運

倉庫・運輸関連業

558万円

81位

大運

倉庫・運輸関連業

558万円

82位

トレーディア

倉庫・運輸関連業

554万円

83位

伏木海陸運送

倉庫・運輸関連業

553万円

84位

九州旅客鉄道

陸運業

550万円

85位

キムラユニティー

倉庫・運輸関連業

548万円

86位

ゼロ

陸運業

546万円

87位

キユーソー流通システム

倉庫・運輸関連業

545万円

88位

エーアイテイー

倉庫・運輸関連業

541万円

89位

川西倉庫

倉庫・運輸関連業

538万円

90位

広島電鉄

陸運業

537万円

91位

リンコーコーポレーション

倉庫・運輸関連業

533万円

92位

C&Fロジホールディングス

陸運業

529万円

93位

神奈川中央交通

陸運業

528万円

94位

京福電気鉄道

陸運業

524万円

95位

鴻池運輸

陸運業

521万円

96位

秩父鉄道

陸運業

517万円

97位

タカセ

陸運業

516万円

98位

神戸電鉄

陸運業

512万円

99位

トナミホールディングス

陸運業

511万円

100位

日本ロジテム

陸運業

504万円

101位

神姫バス

陸運業

496万円

102位

中央倉庫

倉庫・運輸関連業

494万円

103位

福山通運

陸運業

483万円

104位

佐渡汽船

海運業

483万円

105位

大和自動車交通

陸運業

478万円

106位

大宝運輸

陸運業

476万円

107位

サカイ引越センター

陸運業

473万円

108位

遠州トラック

陸運業

471万円

109位

ハマキョウレックス

陸運業

467万円

110位

ヒガシトゥエンティワン

陸運業

465万円

111位

北海道中央バス

陸運業

462万円

112位

名鉄運輸

陸運業

455万円

113位

エスライン

陸運業

453万円

114位

丸和運輸機関

陸運業

441万円

115位

南総通運

陸運業

440万円

116位

岡山県貨物運送

陸運業

421万円

117位

東部ネットワーク

陸運業

421万円

118位

トランコム

倉庫・運輸関連業

420万円

119位

第一交通産業

陸運業

409万円

120位

新潟交通

陸運業

404万円

121位

ファイズホールディングス

倉庫・運輸関連業

394万円

122位

センコン物流

陸運業

387万円

 

【コメント】

  • 同じ上場企業でも、平均年収300万円台から700万円台まであり、大きな差がありました。
  • 年収700万円台の企業は、トップ30に続き、海運業や大手の鉄道会社が多くランクインしています。
  • 一方で年収500万円以下の企業は、引っ越し事業や路線バス、観光バスなどBtoC向け事業で、売上単価が低い企業が多いようです。
  • 最下位の方の運輸業は、地方拠点で展開している陸運業が多いようです。

 

陸運・海運・空運・倉庫・運輸業界で年収1000万円以上を狙うには

陸運・海運・空運・倉庫・運輸業界は、トップ30位以内の企業に入社すれば、40代以降のどこかで年収1000万円に到達することは可能でしょう。しかしそれ以外の企業では、基本的に年収1000万円以上を狙う難易度は高いと言えます。

業界の中でも年収が高いのは、海運業や、グローバルに物流を取り扱う大手陸運・空運業でした。一方で、事業内容がBtoC向けの低単価であり、地方都市に限定した規模でビジネス展開をしている企業は、同じ業界の中でも300~400万円台という企業も少なくありません。

 

ちなみに中の人は25歳年収300万円から4回の転職を重ねた結果、30代半ばで年収1,300万円を得ることができました。

自分で4回の転職をして分かったのですが、自分にとって有効な転職サービスは自分の年収・キャリアによって下記のように違います。

 

現在の年収

使うべき転職サービス

年収400万以下 

〇:リクナビNEXT dodaのような「通常の転職サイト」を使うべき。

×:リクルートエージェントのような「転職エージェント」はまだはやい。

年収400~600万

〇:リクルートエージェント JACリクルートメントマイナビエージェントのような「総合型転職エージェント」を使うべき。

×:リクナビNEXTのような「通常の転職サイト」は段々合わなくなってくる。

年収600~800万        

〇:エージェントはコンサルならコンコード、金融ならコトラのような「業界特化型転職エージェント」を利用すべき。

〇:この時期からビズリーチLinkedInキャリアカーバーのような「ハイクラス層向け転職サイト」も併用すべき。

×:リクルートエージェントやdodaのような「総合型転職エージェント」はもう卒業。

年収800~1,000万以上

〇:同じく「業界特化型転職エージェント」と「ハイクラス層向け転職サイト」を併用すべきだが、年収600~800万の時以上に、ビズリーチLinkedInキャリアカーバーのような「ハイクラス層向け転職サイト」をより積極的に利用すべき。

 

こちらの記事で、私が25歳年収300万円から30代半ばで年収1,300万円を得た経験談を解説していますので、宜しければ御覧ください。

dannu.hatenablog.com

 

他にも、「年収1,000万円/2,000万円狙える会社の条件」「業界毎の年収の違い」、「業界別年収ランキング」について、過去に下記の記事で分析・考察しました。興味がある方は是非こちらもお読みください。

 

<年収1,000万円/年収2,000万円を狙える会社の条件について>

dannu.hatenablog.com

 

<業界・大学毎の年収の違いについて>

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

 

<業界別年収ランキング>

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

 

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com

dannu.hatenablog.com